京都市立勧修小学校6年生での陶芸体験教室 * ホ-ムヘ * Lastup 2001. 1. 28

勧修小学校 6年生 陶芸教室
移動陶芸 小学校での体験教室

勧修小学校2年生で「手づくり陶芸教室」 2月4-5日開催しました。

少しあらめの、陶土を使って作陶して頂きました。

カップから、マグカップ、皿、灰皿や、花器まで多様な作陶をしていただきました。


ア−トセラで厳選した、作りやすい荒目の粘土で作陶

1回の受講で約400グラムの粘土を使用、

焼成(素焼き後、釉掛けし本焼き)致します。

基本的な技術指導で玉造り、タタラ、三島手、化粧を施し、

平成11年11月17日 午前中2クラス、午後より2クラス、全4クラス

6学年 全生徒 133名が参加しました。

所用時間約1時間で作りました。


作品数は200点に及びますが、一部の作品をご紹介します。







体験のやきものが出来上がるまでの流れ


  11月17日 作陶頂きました。
  約3週間後 乾燥室にて自然乾燥 素焼きの準備期間です。

  12月 8日 素焼き 窯入れ
  12月 9日 素焼き 約8時間の窯焚き【素焼き1回目窯】 800度焼成
  12月11日 素焼き 窯出し
  12月 15〜25日 釉掛け
  ルリ釉・白釉・青磁釉・1号石灰釉・アメ釉を掛け 乾燥 作品が多数の為、2回窯焚き

  12月24日 1回目本焼き 窯入れ
  12月25日 本焼き 約12時間の窯焚き【本焼き1回目窯】 還元焼成 1230度焼成
  12月28日 本焼き 窯出し
  12月30日 2回目本焼き 窯入れ
   1月 2日 本焼き 約12時間の窯焚き【本焼き2回目窯】 還元焼成 1230度焼成
   1月 4日 本焼き 窯出し

出来上がった作品は2月校内で卒業記念として展示されます。


カリキュラムのご案内

   ねんどで楽しむ 自由課題

   陶芸ねんどで「遊ぶ」感覚でお好きな物を作って頂きます。
   自由な発想で、器や皿を作陶していただきました。
   使用粘土のお一人約400グラム使用。一人2個まで作ってもらいます。

制作見本 400グラムで2つ作れます。



   印花を使った三島手で装飾

   ア−トセラオリジナルの印花(キャラクタ−印花)や季節印花(もみじ、さくら、その他干支等)。

キャラクタ−印花 粘土に印花を押します。 焼き上がりの印花
キャラクタ−印花
印花を押して、装飾します。
焼上りのキャラクタ−印花



   制作後、色見本のから釉薬を選んで頂きます。

釉薬見本
釉薬見本


2000年 6月1日より新7色の釉薬です。

ア−トセラ移動陶芸の新11色から選んで頂きます。

 1 
 2 
 3 
1番 白萩釉 2番 青萩釉 3番 桜桃釉
 白萩釉 
 青萩釉 
 桜桃釉 


 4 
 5 
 6 
 7 
4番 織部釉 5番 黄鳳釉 6番 瑠璃釉 7番 黄瀬戸釉
 織部釉 
 黄鳳釉 
 瑠璃釉 
 黄瀬戸釉 

 8 
 9 
 10 
 11 
8番 油滴黒天目釉 9番 赤結晶釉 10番 結晶釉 11番 土灰釉
 油滴天目釉 
 赤結晶釉 
 結晶釉 
 土灰釉 

   乾燥後、素焼き(800度)で焼成

   約3週間、時間をかけ、乾燥後素焼きしました。
   素焼きは重ねて窯づめします。
素焼き窯づめ 1段目 素焼き窯づめ 2段目
素焼き窯づめ 1段目
素焼き窯づめ 2段目


   釉薬を掛け、本焼き焼成します。

   還元用の各釉薬を掛け、少し乾燥させてから窯づめし、本焼きします。

   約12時間で1230度の温度で焚きます。900度から還元

お皿の中を掛け お皿の縁を掛け 釉かけの出来上がり
お皿の中を掛け
お皿の縁を掛け
釉かけの出来上がり

お皿のルリ釉を掛け カギを使って掛けます
お皿のルリ釉を掛け
カギを使って掛けます。

板に並べて 乾燥室で水分を蒸発させます
 浅板に並べて 
 乾燥室で水分を蒸発させます。 


平成12年2月15〜17日まで 図工展で展示されました。







   陶芸材料、道具類は私たちがご用意致します。ご用意頂く物(エプロン・古タオル)

    色見本からお好きな色(釉薬)を選んで頂きます。

    人気キャラクタ−印や印花・白化粧土で装飾を楽しんで頂けます。

    出来上がった作品は持帰り、素焼き・釉がけ後本焼きします。

    出来上がりは30〜40日後(季節により)に、持って寄せて頂きます。

    玉造りや手びねりで、作陶を楽しんで頂けます。


    今回の所用時間は60分です。オリジナルのカリキュラムを用意しました。

    「ものづくりの大切さ」をふれあい陶芸として、支援いたします。

  お気軽にご相談下さい。手作りのやきものを楽しんで下さい!!

   出来上がった作品は

    ご利用前によく洗ってご使用下さい。土ものの場合、よく乾燥させた上で収納下さい。
    梅雨時はカビの発生原因になります。
    なまものを盛る前には軽く水を潜らせてご使用下さい。臭いが器に残る場合があります。
    ア−トセラでの体験で作って頂いた作品は、すべて作って頂いた作品の原型を変えず
    焼成しやすい加工はいっさい致しません。
    それは作者の「ものづくりの思い」を大切に考えています。
    焼き上がった作品にも、食用等のシリコン加工もしません。
    せっかくの自然の素材を昔からの焼き方の再現が伝統の文化と考えています。

ホ−ムへ

児童の移動陶芸 | お問い合わせ | 資料請求




ホームページに関するお問い合わせはこちらのメ−ルartsera@nnpjp.comまでお願いいたします。
CopyrightNNP

    

ア − ト セ ラ 移 動 陶 芸
代 表 三 上 博 司
移動教室中又は窯焚き中は
携帯電話 090−2065−1132

自宅
 〒607-8133 京都市山科区椥辻番所ケ口町182-3C
 TEL / FAX 075−501−2510
工房
 〒612-0004 京都市伏見区深草相深町10
 TEL  075−531−2512